/

「出勤は混雑避けて」経産相が産業界へ呼びかけ

経産相は新型肺炎の感染拡大を受けて、テレワークの活用拡大を呼びかけた(在宅勤務でパソコンに向かう会社員)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、梶山弘志経済産業相は25日の閣議後の記者会見で「(出勤は)混雑時を避け、体調の悪い方が休みやすい環境をつくるよう、産業界に働きかけを強めていく」と述べた。経産省の職員も同日から時差出勤を実施し、テレワークを積極的に活用する方針も明らかにした。

梶山氏は「感染拡大を防ぐには時差出勤やテレワークを広く社会に浸透させるのが有効だ」と強調した。米株式市場でダウ工業株30種平均が急落するなど株安の動きが加速していることについては「株価を含め状況を注意深く見守っている」と述べるにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン