7/12 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

NEXT1000

フォローする

過去3年間の増収率平均 中堅、上場全体の2倍

NEXT1000
2020/2/25 0:30
保存
共有
印刷
その他

独自の事業モデルを持つ中堅企業が成長を続けている。売上高100億円以下の企業「NEXT1000」を対象に、過去3年間の増収率の年平均を調べたところ、全体で14.3%となり上場企業全体の2倍にのぼった。スマートフォン利用者の隙間時間をとらえる娯楽アプリや、人材・仕事のマッチングサービスなどインターネットを駆使する企業が目立つ。(関連記事をNEXT1000面に)

日本経済新聞社が「NEXT1000」のなかで、3年連続増収だった企業を対象に増収率をランキングした。同じ条件でみた上場企業全体の値は6.6%だった。

「NEXT1000」のうち、増収率が上場企業平均の10倍となる66%以上だったのは16社。2位のAmaziaは漫画アプリを開発し、読者を30~40代男性に絞ったコンテンツで伸びた。

個人向けサービスに加え、企業の生産性向上を助ける分野で成長する企業が並んだ。3位のクラウドワークスはネットを通じ単発の仕事の受発注ができる「クラウドソーシング」の企業だ。フリーランスなど仕事の担い手が300万人まで増え、47万社が利用する。

5位のシェアリングテクノロジーは水回り、電気などの困りごとを抱える消費者の電話を受け、提携する3800社の専門業者につなぐ。業者の位置をスマホ経由で常に把握し、早く駆けつけてもらう仕組みを持つ。

25位のウォンテッドリーは企業向けSNS(交流サイト)で伸びた。転職したい人が仕事の経験などを書き込むと、企業がみて声をかける。資格試験の運営会社から、SNS登録者の合格データを取得して表示するなど企業の採用を支える。

NEXT1000をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム