中国、緊急対策を積み増しへ 財政出動や預金準備率下げも
全人代延期 政策空白にも備え

2020/2/24 21:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の延期が決まり、中国当局は緊急の経済対策を積み増す検討に入った。国から地方への財源移転を増やしたり、市中銀行から強制的に預かる資金の比率を示す「預金準備率」を下げたりする方向だ。新型肺炎の経済への打撃を和らげると同時に、全人代の延期により生まれかねない政策の空白に備える。

「2020年の経済運営の目標は実現できる」。経済運営の司令塔、国家発…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]