アジア・欧州で株安連鎖、新型肺炎を警戒 日経平均先物も海外で急落

2020/2/24 21:34 (2020/2/25 5:15更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎の感染拡大をきっかけに24日、アジアと欧州で連鎖的な株安が広がった。韓国の主要株価指数が前週末比4%下落。東京市場は休場だったが、海外市場で日経平均先物が急落した。欧州株も大幅安になっている。韓国やイタリアなど中国以外で感染者が急増し、新型肺炎の実体経済への影響は想定よりも大きくなるとの警戒感が強まっている。

韓国株式市場の総合株価指数(KOSPI)は24日、前日比83.80ポイント(3…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]