ウエアラブルで治験に在宅参加 米社が日本で開始へ

2020/2/24 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

体に装着して生体情報を取得するウエアラブル端末を医療分野で活用する動きが広がってきた。米系企業は日本で在宅などでの臨床試験(治験)に使う。武田薬品工業はパーキンソン病患者の症状分析に活用する。日々の健康管理や病気の兆候をつかむ段階から、病気の解明や新薬開発への応用も視野に入ってきた。医療分野に深く入り込むことで、データの精度を確保する法整備が課題になる。

米医薬品サービス・調査会社の日本法人、I…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]