/

この記事は会員限定です

Amazia、漫画家育て海外へ 中堅の増収率上位

[有料会員限定]

日本経済新聞社が中堅企業「NEXT1000」を対象に過去3年間の増収率の平均をランキングしたところ、インターネットを活用して個人・企業の需要をとらえるマッチングやIT(情報技術)のサービス企業が並んだ。事業買収で伸びた企業も入った。首位は投下資本営業利益率(ROIC)の3年平均でもトップだったand factory。2位はAmaziaだった。

「会社の休み時間に開くのが習慣になった」。大阪市で働く田村泰地さんは、漫画アプリ「マンガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン