神奈川県で新たに感染判明 50代男性会社員

2020/2/24 19:06
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は24日、同県鎌倉市や逗子市、三浦市、葉山町を管轄する鎌倉保健福祉事務所管内で、新たに50代男性の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。県内在住者の感染でこれまで公表されているのは横浜市と相模原市で、同管内では初めて。

50代男性の会社員で、都内に勤務している。ここ数カ月間で海外渡航歴はなく、感染ルートは不明。同居する2人の親族については今後、健康観察をするという。

14日に38度の熱が出て3つの医療機関を受診。23日にウイルス検査を実施し、24日に陽性反応が出た。現在は県内の個室の一般病床に入院している。高熱や全身の倦怠(けんたい)感などの症状があり重症という。23日14時時点で40.3度の熱があった。

県は今後「濃厚接触者の把握に努める」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]