休眠預金で被災者支援 昨年の台風、公的活用第1号

2020/2/25 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は2月中にも10年以上取引がない預金(休眠預金)の一部を活用した自然災害の被災者支援を始める。2019年の台風15号や19号などで被害の大きかった地域への支援活動に充てる。資金の支給先となる被災者の生活再建支援を手がけるNPO法人など順次3~4団体を選び、1団体あたり最大約1000万円を支給する。

18年1月に休眠預金等活用法が施行し、預金者が名乗りを上げないまま10年以上放置された休眠預金…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]