ユニゾへのTOB価格引き上げ 米ファンド、6000円に

2020/2/24 17:53
保存
共有
印刷
その他

米投資ファンドのブラックストーン・グループは24日、不動産会社ユニゾホールディングスに対する買収提案における価格を1株あたり6000円にしたと発表した。従来より400円積み増した。ユニゾ側の賛同を条件に、TOB(株式公開買い付け)で全株取得を目指す。買い付け価格はユニゾ従業員による買収価格(5700円)を上回り、ユニゾ側の対応が注目される。

ユニゾを巡っては従業員と米投資ファンドのローンスターが共同で設立した買収目的会社のチトセア投資のほか、ブラックストーン、米フォートレス・インベストメント・グループによる買収合戦が続いている。

チトセア投資は28日を期限に、1株5700円でTOBを実施していた。もっとも、ユニゾHD株は21日終値が5850円とチトセアの買い付け価格を上回り、TOBが不成立となる公算が大きくなっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]