リオのカーニバル最高潮 トップチームがパレード

2020/2/24 14:59
保存
共有
印刷
その他

【リオデジャネイロ=共同】南米最大の真夏の祭典、ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルは23日、メイン会場サンボドロモでトップチームによるパレードが始まり、最高潮を迎えた。24日と2晩にわたり徹夜で、計13チームが軽快なサンバのリズムに合わせて踊りと山車の美しさを競う。

23日、ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルでトップチームのパレードで踊る参加者(共同)

1番手は昨年下位チームのパレードで優勝し、トップチームに昇格した「エスタシオジサ」。きらびやかな衣装の数千人がサンバの曲に合わせて踊りながら、巨大な山車と共に1時間以上かけて約700メートルの花道を行進した。

プロテスタントのリオのクリベラ市長はカトリックの行事のカーニバルを毛嫌いし、市の財政難を理由に山車などの準備に充てる補助金を打ち切った。このためサンバチームの協会は今回、山車の数や1チーム当たりのパレードの時間を減らすなどの対応を取った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]