G20、財政出動が焦点に 曇る世界経済 結束に不安

上杉 素直
本社コメンテーター
2020/2/24 11:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアの首都リヤドで23日閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、世界経済の視界の悪さを印象づけた。最大の懸念である新型コロナウイルス感染の影響はなお判断が難しい。共同声明は財政出動を含む政策総動員をうたうが、通商、財政、デジタル対応など各分野で呼吸が乱れがちなG20主要国がどこまで機動力を発揮できるか。足並みへの不安も残した。

「新型コロナウイルスの最近の流行を含め…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]