トルコ国境で地震9人死亡 イラン北西部、M5・7

2020/2/24 0:11
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=共同】米地質調査所(USGS)によると、イラン北西部とトルコ東部の国境地帯で23日午前(日本時間同日午後)、マグニチュード(M)5.7の地震があった。トルコ当局によると、トルコ側のワン県で建物が倒壊するなどし、9人が死亡、30人以上が負傷した。

地震の現場で救助活動にあたる人々(イランと国境を接するトルコ東部ワン県、23日)=AP

国営イラン放送によると、イラン側では40人が負傷した。一部の建物が損壊したという。

震源地はイラン北西部ホイ周辺。震源の深さは6.4キロ。トルコメディアによると、トルコ側で被害が出たのは雪が降る山間部の村落で、れんが造りの家屋が相次いで崩壊した。

トルコ東部では1月24日にM6.7の強い地震が発生し、41人が死亡している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]