サイバー攻撃の脅威 金融機関の7割「上昇」
専門人員の不足課題に

2020/2/23 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

顧客情報の流出や不正送金などを引き起こすサイバー攻撃に対する金融機関の危機感が高まっている。日銀の調査では金融機関の7割が「サイバー攻撃の脅威が高まっている」と答えた。インターネットバンキングの普及でサイバー攻撃への対処の重要性は高まっている。調査では専門人員が足りない課題も浮き彫りになった。

日銀は銀行や信用金庫など402の金融機関を対象に調査した(2019年秋)。ほぼすべての金融機関がサイバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]