名古屋城木造復元、2028年10月完成案 名古屋市

2020/2/23 18:23
保存
共有
印刷
その他

名古屋市が進める名古屋城の木造復元構想を巡り、市が2028年10月の完成を目指す新たな工期案を検討していることが23日、同市への取材で分かった。当初の目標より6年近く遅く、市役所内には工期短縮を求める声も根強いため、引き続き調整が進められる見通しだ。

名古屋城の木造復元は遅れている(名古屋市中区)

名古屋城の木造復元は遅れている(名古屋市中区)

木造復元を巡って市は19年8月、当初目標だった22年末までの完成実現の断念を発表した。石垣の保全計画が不十分との有識者からの指摘を踏まえ、新たな目標時期の検討を進めていた。

同市によると、石垣の保全について有識者の理解を得るためや文化庁の審議にかかる時間などを踏まえ、目標時期を28年10月とする案が浮上しているという。

名古屋市の河村たかし市長は23日、「少しでも早く木造天守閣をお届けできるよう事務方に調整・検討するよう指示しており、目標時期を申し上げる段階にはない」とのコメントを発表した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]