地銀が株主優待縮小 千葉銀や琉球銀、上乗せ金利廃止

金融最前線
2020/2/24 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の地方銀行が株主優待を縮小する。千葉銀行は定期預金の金利を年0.2%上乗せする「金融クーポン」を来年3月末(基準日)で廃止する。琉球銀行も0.3%を金利優遇する定期預金の受け入れを今年6月末にやめる。長引く超低金利で地銀は収益環境が悪化しており、株主優遇を見直す動きが広がりそうだ。

千葉銀は1千株以上を持つ株主の預金金利に0.2%を上乗せしたり、外貨の両替手数料を20%安くしたりするクーポン…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]