/

社民、立民と合流協議継続を確認 党大会で

社民党は23日、東京都内で開いた党大会で、立憲民主党との合流協議継続を盛り込んだ議案を採択した。福島瑞穂党首は記者会見で「議案は通ったが、新党首として地方の声をしっかり聞いていく」と述べ、慎重に党内議論を進める考えを強調した。党大会では地方組織から合流反対論が多く出された。

幹事長に吉田忠智氏、副党首に吉川元氏が就く役員体制も承認された。合流に前向きだった又市征治前党首は顧問に退く。

福島氏は会見で、立民との協議について「幹事長レベルで党員が不安に思っていることを詰めていく」と説明。低迷する党勢の回復に関しては「各地で集会をやり、一緒に運動する仲間を増やしたい」と語った。

党大会では、地方の参加者から「打倒安倍政権の方向性は立民と同じだ。合流はやむを得ない」「きっぱりと諦めるべきだ」などの賛否両論が出た。又市氏は「勇ましい言葉は出るが、国政政党として本当に存続できるのか」と重ねて危機感を訴えた。

党大会は22日から2日間の日程で開かれた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン