マクロン氏翻弄 独は警戒 英離脱後のEU、結束に影
英離脱後初の首脳会議 予算協議が紛糾

英EU離脱
2020/2/23 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤、パリ=白石透冴】欧州連合(EU)は21~22日、特別首脳会議を開いて2021年から7年間の中期予算案を協議したが、議論が紛糾して合意に至らなかった。1月末の英国のEU離脱後、初の首脳協議の場だったが、結束を示すことはできなかった。背景のひとつが「英抜きEU」の柱として期待される独仏の連携の不調だ。奔放な発言を繰り返すマクロン氏とメルケル独首相の関係が冷え込みつつあることが先行…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]