下船の日本人が陽性 専門家「帰路の感染リスク低い」

2020/2/23 11:30
保存
共有
印刷
その他

横浜港で検疫を受けたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から19日に下船した日本人の60代女性が2日後に発熱して新型コロナウイルスの検査で陽性となった。女性は栃木県内の自宅まで公共交通機関を利用したが、専門家は「船内での検査が陰性で無症状だったので、帰路で他人に感染するリスクは極めて低い」と指摘している。

厚生労働省や栃木県などによると、女性は14日に検体を採取され、検査結果は陰性だった。船内…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]