麻生財務相、新型肺炎「経済に深刻リスク」 G20で表明

2020/2/23 1:06
保存
共有
印刷
その他

【リヤド=坂口幸裕】麻生太郎財務相は22日、サウジアラビアの首都リヤドで開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で新型肺炎の感染拡大について「マクロ経済に深刻な影響を及ぼしうるリスクであることが改めて浮き彫りになった」と表明した。世界経済を討議した初日の会議終了後、記者団に明らかにした。

麻生氏は会議の中で「世界経済の下振れリスクを乗り越えていくためには財政余力の大きな国においても果敢な政策判断を期待したい」と指摘。新型肺炎による経済への悪影響を抑えるため、財政出動を含む政策対応を呼びかけた。各国は経済を下支えするために連携していく方針を確認したという。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]