/

この記事は会員限定です

インフル・エボラ・HIV薬を転用へ RNA複製など阻止

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、既存薬を治療に使う試みが加速する。加藤勝信厚生労働相は22日、新型ウイルスの肺炎患者を対象に、新型インフルエンザ治療薬の投与を始めたと発表した。エボラ出血熱の治療薬を投与し、抗エイズウイルス(HIV)薬も検討する。感染拡大を見越した効果的な治療薬の探索が急務となっている。

加藤厚労相は記者会見で、肺炎患者を対象に3種類の既存薬を投与することを明らかにした。投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン