スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

阿部一優勝、土壇場の執念 逆転五輪へ4月に決着

2020/2/22 20:30
保存
共有
印刷
その他

代名詞の背負い投げで仕留めたのは初戦のみ。どんな相手も軽々と担ぎ上げてきた姿はない。阿部一が見るものの心に刻みつけたのは、石にかじりついてでも勝ちきる執念の強さだ。

ジョージア選手(左)に一本勝ちで優勝した阿部一二三=共同

ジョージア選手(左)に一本勝ちで優勝した阿部一二三=共同

【関連記事】阿部詩と高藤V 柔道GS

「少し引いてしまった」という大会序盤から動きが硬かった。昨年ごろから広く世界に伝わったとみえる、両袖を絞り落とす「阿部封じ」に担ぎ技の好機もつかめない。組みにいく積極性も欠き、多くの試合で指導2つを受けつつ、それでも隅落、大内刈り、移腰と技ありを集めて決勝にたどり着いた。

そのマルグベラシビリとの決勝で、ようやく「吹っ切れた」(井上監督)。前に出て組み際でも担ぎ技をちゅうちょなく仕掛け、苦手意識を口にしたこともある接近戦をいとわない。出足払いで腰を浮かされ、直後には担ぎ技を裏投げで返されあわやの場面。しかし、リスクと隣り合わせの柔道は、大内刈りから切り替えての大腰での一本に結実した。

「自分らしさが出せなかった場面もあったけれど、決めきるところは決められた」と阿部一。代表選考も半ばなら、安定に欠く試合ぶりに首脳陣の渋面も浮かびかねない。しかし、今大会を左膝の故障で欠場した丸山城志郎(ミキハウス)とのマッチレースはもはやそうした理(ことわり)を超えた域にある。「一戦一戦勝ちきる力があるのも証明した」と井上監督も評価した。

いったん丸山が逆転したレースの行方は、「並んだような状況」(井上監督)で最終選考会となる4月の全日本選抜体重別選手権に委ねられる。「直接対決で勝つしかない。次にぶつけるだけ」と阿部一。柔道史上まれに見るドラマの決着が、ひと月半後に訪れる。

(西堀卓司)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
松田は昨年9月のワールドゲームズで条件付き東京五輪出場権を獲得した=共同共同

 東京五輪で初採用されるサーフィンの代表権を条件付きで獲得している松田詩野(17)がこのほどオンラインでの取材に応じ、「今はトレーニングする時間がたくさんある。1年後にもっと自信を持って挑めるメンタル …続き (5/28)

15歳から26歳まで年齢層の幅広いチームのまとめ役。「今の時間を有意義に使えている」という共同

 年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は …続き (5/24)

オンラインでインタビューに応じる石川。「成長を感じていた」という今季は3月から中断し、4月に打ち切りが決まった

 バレーボール男子全日本のエース、石川祐希(24、パドバ)が18歳から挑戦してきたイタリアは新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な国の一つだ。「パフォーマンスは非常に良かった」と手応えを感じていた今季は …続き (5/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]