/

この記事は会員限定です

[社説]カジノの選定手続きは慎重に進めたい

[有料会員限定]

カジノを解禁する統合型リゾート(IR)が贈収賄事件に揺れる中、開設都市の選定手続きが進もうとしている。政府は今春にもIRの基本方針を決め、それを受けて自治体は事業者との協議を本格化させる。懸念が拭えない現状で選定作業は慎重に進めるべきだ。

基本方針は選定の手続きとして、自治体が申請する計画の内容や国の審査基準を定める。贈収賄事件を踏まえ、当初予定した1月中の決定を先送りし、国や地方の公務員がIR事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン