外食データ争奪 商社や通信、スタートアップに出資

2020/2/22 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食のデータを狙い、通信や商社など他業界からのスタートアップへの出資が相次いでいる。三菱商事はクリスプホールディングス(東京・港)と決済・事前注文システムを拡販する。スマートフォン決済が広がり、消費にかかわるマーケティングなどに活用できる外食利用時のデータが新たな商機開拓につながると注目されている。

三菱商事はクリスプHDに18%(5億円分)を出資した。クリスプはスマートフォンで注文や決済ができ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]