[社説]高校生の就職慣行を根本から見直そう

2020/2/22 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省と厚生労働省が高校生の就職慣行に関する報告書をまとめた。1人の生徒が一定期間は原則1社しか応募できない現状について、複数の企業への応募を認めることを含め、地域ごとに見直しを促している。

生徒の選択肢を広げる方向なのは前進だ。だが高校生の主体的な就職活動を阻む規制はなお多い。踏み込んだ改革が求められる。

高校3年生の就活ルールは都道府県ごとに教育委員会や経済団体などが協議して決めている。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]