/

この記事は会員限定です

新型肺炎、業績へ打撃 京王電鉄など悪影響開示56社

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎が上場企業の業績に打撃を与え始めた。業績予想の下方修正や販売に悪影響があると開示した企業は56社にのぼった。監査業務ができずに決算発表を延期したり、中国の販売見通しが立たず中期経営計画の発表を見送ったりする企業もあらわれている。国内に感染が拡大しており、企業業績への影響は一段と深刻になる見通しだ。

東京商工リサーチによると21日時点で、上場企業56社が新型肺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン