/

台湾、日本への渡航警戒引き上げ 「感染源が不明」

【台北=伊原健作】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、台湾の衛生福利部(厚生省に相当)中央感染症指揮センターは22日、日本の感染症渡航情報のレベルを「2」(警戒)に引き上げた。渡航自粛要請ではなく、現地での感染防止策の強化を求めるとしている。

衛生福利部は引き上げにあたり、日本は「感染者数が110人に達し、その多くで感染源が分かっていない」と指摘した。14日に最も低い「1」(注意)に指定していた。韓国も22日に「2」に指定した。同部による感染症渡航情報は3段階で、渡航自粛を求める最高レベルの「3」(警告)には中国(香港・マカオ含む)が指定されている。

2019年の台湾からの訪日客数は489万人と中韓に次ぐ3位だ。消費者の間では既に訪日を見合わせる動きが強まっており、航空会社は需要減で日台路線の減便を始めている。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン