花粉症「今年ひどい」 マスク品薄、くしゃみに白い目
新型肺炎で「受難」

2020/2/22 11:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で品薄となった薬局のマスクの陳列棚(10日、東京都千代田区)

新型コロナウイルスの影響で品薄となった薬局のマスクの陳列棚(10日、東京都千代田区)

国内で新型コロナウイルスの感染者が相次ぐなか、本格的な花粉症シーズンが始まり、患者は例年以上に「受難の春」を迎えている。マスクは品切れで手に入りにくく、電車や会社、学校など人混みでくしゃみをすれば白眼視されるからだ。暖かい日が多い今年は花粉の飛散も早い。専門家はマスク代わりに市販のワセリンを使った手段などを提案している。

「今年の花粉は特にひどい。くしゃみは出るし、目も鼻もじわじわきているが、マスクが手に入らない……」。東京都内勤務の女性会社員(25)が嘆く。年によっては耳鼻科に通う重症の花粉症患者だが、今年はマスク不足が不安に追い打ちをかけている。

ウイルスと花粉対策を兼ねるマスクを求めてスーパーや薬局を回るが、どこも売り切れ。感染対策として…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]