/

この記事は会員限定です

ヤサイバー、幼稚園や保育所で野菜直売 東阪100カ所

[有料会員限定]

スタートアップのYACYBER(ヤサイバー、大阪市)は民間の幼稚園や保育所の空きスペースを活用した野菜の無人販売事業を拡大する。大阪や東京を中心に、2020年中に現状の3倍超の100カ所に増やす。提携農家が取れたての野菜を届け、保護者がキャッシュレス払いして持ち帰る。都市部には青果の直売所が少なく、需要が見込めると判断した。

1拠点当たり平均5軒程度の農家が野菜を提供し、各園に届ける。玄関前やホー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン