学校給食「無償化を検討」 松井・大阪市長

2020/2/22 2:22
保存
共有
印刷
その他

大阪市の松井一郎市長は21日、市立の小中学校の給食無償化を検討していることを明らかにした。子どもの貧困が社会問題化するなかで、教育費などがかさむ子育て世帯を支援する狙いがある。2021年度にかけて担当部局と対象範囲や開始時期など詳細を詰める。

松井氏は記者団に対し、「(学校給食の無償化を)前向きに検討している」と説明。「全ての子どもに栄養のあるものを食べてほしい。こうした子育て支援を少子化対策につなげる」と述べた。

市教委によると、給食を提供しているのは市立小学校287校、中学校128校。費用は原則、児童・生徒1人当たり年間約4万4千~4万9千円。無償化すれば60億~70億円が必要となる見込みだ。

文部科学省の調査で、17年度に公立小中学校の給食費をいずれも無償としていたのは全国1740市区町村教委のうち4.4%(76教委)。そのうち56教委は人口1万人未満の自治体だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]