武漢「封鎖」1カ月 市民不安、外出禁止でスマホ頼り

2020/2/22 15:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

湖北省武漢市が1月23日に「封鎖」になり、約1カ月がたった。行動の制限はより厳しくなり、市民は実質的に外出を禁じられた。上海や北京などで新型肺炎の発症が頭打ちになる一方、湖北省は感染者の8割超、死者では95%を占める。住民の疲労と不安はピークに達しつつある。

「市民は外出をしないよう」「自主的に体温を測って、異常があれば報告を」。武漢市に住む会社員の趙鵬さん(仮名)は17日、防災無線でこのような…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]