/

この記事は会員限定です

遺伝子治療薬、進む米 滞る日欧

米、制度整備で開発ラッシュ 日欧、超高額でコスト警戒

[有料会員限定]

病気の原因に治療遺伝子を送り込む「遺伝子治療薬」の普及を巡って各国の対応が分かれている。米国では薬価制度の多様化や民間保険の整備が進み、米ファイザーなど製薬会社の開発が活発になっている。一方、高額なコストに対する警戒感から日欧では慎重論が根強い。増大する社会保障費とどう折り合いをつけるかが製薬各社の技術革新のカギを握る。

遺伝子治療薬は、これまで治療できなかった難病や希少疾患の患者に対し1回の投与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン