外出自粛で消費ブレーキ 新型肺炎で大阪など人出急減

2020/2/21 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

百貨店の売り場でも客数の減少が目立つ(都内の百貨店)

百貨店の売り場でも客数の減少が目立つ(都内の百貨店)

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が個人消費を冷え込ませつつある。通勤や買い物といった外出を控える人が増えているためだ。百貨店やドラッグストアなどの小売店の販売が減り始めたほか、旅行やテーマパークの団体利用のキャンセルも相次いでいる。訪日外国人客の急減に加え、日本の国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費も振るわず、景気の停滞が懸念される。

感染を避けるため外出や人混みを避ける傾向が強まっている。

KDDIは顧客の中から同意を得た数百万人のサンプルの携帯電話の位置情報から、主要な駅や観光地で半径1キロメートル以内に滞在している人を計測。野村証券がデータを基に分析したところによると、2月の休祝日の来街者数は前年より大阪・梅田が15%減、京都が…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]