/

この記事は会員限定です

高齢がん治療、過剰投薬防ぐ 患者ごとに最適化

[有料会員限定]

がん患者の7割強を占める高齢者の健康状態を事前に詳しく調べ、一人ひとりに適切な治療を目指す動きが出始めた。関連する学会が指針を作成し、事前評価の効果を調べる臨床研究が一部の大学で始まった。患者の生活の質(QOL)を高め、抗がん剤の使いすぎで医療費がかさむ事態を防ぐねらいだ。

九州がんセンター(福岡市)は18年9月に老年腫瘍科を開設し、高齢のがん患者の歩行や認知機能、生活を支える家族の有無などを「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません