高齢がん治療、過剰投薬防ぐ 患者ごとに最適化

2020/2/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がん患者の7割強を占める高齢者の健康状態を事前に詳しく調べ、一人ひとりに適切な治療を目指す動きが出始めた。関連する学会が指針を作成し、事前評価の効果を調べる臨床研究が一部の大学で始まった。患者の生活の質(QOL)を高め、抗がん剤の使いすぎで医療費がかさむ事態を防ぐねらいだ。

九州がんセンター(福岡市)は18年9月に老年腫瘍科を開設し、高齢のがん患者の歩行や認知機能、生活を支える家族の有無などを「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]