ロシア改憲案、領土交渉に波紋 「条約尊重」と衝突
国際法・ルールと日本

国際法・ルールと日本
2020/2/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシア国内での憲法改正論議が日本との北方領土問題を含む平和条約交渉に波紋を広げる。プーチン大統領は領土割譲の禁止条項を盛り込む提案を支持する考えを示した。この改憲が実現すれば、平和条約締結後に2島を引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言の前提が崩れかねない。

国際法では国内法を理由とした条約不履行を認めていない。

13日、ロシアの憲法改正準備作業グループで俳優のウラジーミル・マシコフ氏が領土…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]