/

この記事は会員限定です

セブンの米社買収交渉 脱ガソリンとスピード勝負

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが米国で大型買収に乗り出していることが20日明らかになった。石油精製会社が保有するガソリンスタンド(GS)部門の買収交渉中で、狙いは当然、GSに併設するコンビニの店舗だ。関係者によれば買収金額は推定で約220億ドル(約2兆4500億円)という。この金額は日本のセブン-イレブン・ジャパンのチェーン店全店売上高の4兆9000億円(2018年度)の半分。財務面で超優良企業のセブン&アイにしてみたら出せな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2334文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン