/

この記事は会員限定です

「特定技能」海外合格者伸び悩み 導入1年2400人どまり

受け入れ目標4万人には遠く

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】政府が2019年4月に導入した外国人労働者の受け入れを拡大する在留資格「特定技能」の利用が伸び悩んでいる。日本経済新聞の集計では、海外での試験で2月中旬までに合格が判明したのは2400人強で、最大4万人程度としていた2019年度の政府の受け入れ見込み(日本での試験の合格者も含む)を大きく下回る。海外合格者の第1陣は4月にも来日するが、労働者を送り出すアジア諸国からは日本側の拙速な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1684文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン