新型肺炎、静岡県内の観光業を直撃 国内客も旅行自粛

2020/2/21 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が静岡県内の観光業を直撃している。訪日中国人だけでなく日本人の旅行自粛も広がり、宿泊予約のキャンセルが止まらない。清水港へのクルーズ船の寄港中止という逆風も吹いている。行政や金融機関は資金繰りなどで下支えするが、事態が長期化すれば影響はさらに深刻化する可能性もある。

伊豆の国市観光協会(伊豆の国市)によると、同市内の宿泊施設では21日時点で、2、3月でそれぞれ約430…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]