/

富山ライトレール、2月22日に富山地鉄が吸収合併

路面電車の利便性を高める(富山市)

JR富山駅の南側と北側を走る路面電車の運営会社が22日に一本化される。駅の北側の運行を担当していた第三セクターの富山ライトレール(富山市)が同日付で南側を担当している富山地方鉄道(同市)に吸収合併される。

駅北を走る富山港線の富山ライトレールによる最終運行日となった21日には、富山市中心部で同線の引き継ぎ式が開かれた。同社の粟島康夫社長は「当社の次世代型路面電車(LRT)により鉄道ファンだけでなく富山市のファンも増えた」と振り返った。

3月21日にはJR富山駅の南側と北側を走る路面電車が接続して直通運転が始まる。運賃は一律210円となり、南北間の人の往来の活発化が期待されている。富山地鉄の辻川徹社長は「南北直通化により利便性を高めていきたい」と意気込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン