[社説]保釈のあり方まで議論深めよ

2020/2/21 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

保釈中の被告らの逃走を防ぐにはどんな対策が必要か。そのためには法律をどう整備すればいいのか。森雅子法相が法制審議会に対し、そんな諮問を行った。

昨年は保釈された後の被告の逃走が神奈川と大阪で相次いだ。年末には、特別背任の罪などで起訴され保釈中だった日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した。

現行刑法の逃走罪は刑務所の受刑者などが逃げた場合に限られ、保釈中の被告は対象になっていな…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]