/

自治体指定ゴミ袋をレジ袋に ミニストップが実験

ミニストップは3月2日から5月31日にかけ、千葉市内の3店舗で、同市指定のゴミ袋をレジ袋として使う実証実験を始める。通常の販売価格とほぼ同じ1枚8円で販売する。コンビニエンスストアのレジ袋はゴミ袋として使われるケースも少なくない。あらかじめゴミ袋をレジ袋として使ってもらうことで、環境配慮の姿勢をアピールする。

「イオンタワー店」など3店で、千葉市指定の可燃ゴミ袋(10リットル)をレジ袋として使う。通常は10枚セットで80円で販売しているところを1枚ずつ販売する。商品を持ち帰る買い物袋として使った後に、ゴミ袋として再利用してもらう。効果を検証し、本格展開も検討する。

コンビニを含む小売店では7月から、レジ袋の有料化が始まる。ミニストップは2019年6月から千葉市内の2店でレジ袋を1枚3円で販売する実験を実施。従前は約5割だったレジ袋を辞退する利用客の割合が約9割まで高まる効果があったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン