マクアケ、北海道文化放送と中小事業者の事業支援

2020/2/21 18:30
保存
共有
印刷
その他

クラウドファンディング(CF)運営のマクアケは北海道文化放送(UHB、札幌市)と業務提携し、中小事業者を資金調達とPR活動の両面で支援するサービスを始めた。UHBの番組内で月1回、北海道の中小事業者を取り上げる。視聴者はマクアケのCFの仕組みを通じて事業者に資金支援できる仕組み。今後、サービスの全国展開を検討する。

マクアケは製品開発などのプロジェクトで個人からの資金支援を募るCFプラットフォームを運営する。プラットフォームを通じて、主に中小事業者の資金支援を進めている。

業務提携ではUHBの情報番組「みんテレ」でマクアケが支援している北海道の中小事業者や個人経営の店舗、スタートアップの情報を放送する。21日が初回放送で、月1回、各回約10分で一つの事業者を取り上げる予定だ。

視聴者はマクアケのCFを通じて、北海道の事業者に資金支援ができる。事業者が調達した資金のうち、UHBに広告宣伝費として5%支払う仕組みで、広告宣伝費は調達資金額に応じて決まる。事業者側には通常の広告宣伝では必要になる固定費をかけずにテレビで自社の宣伝ができるメリットがある。

マクアケは今後、テレビ局のほかラジオ、新聞など他のメディアとも提携し、中小事業者のPR活動を推進したい考え。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]