関西の百貨店、免税売上高は24%増 1月

2020/2/21 18:27
保存
共有
印刷
その他

日銀大阪支店が21日発表した1月の関西の百貨店免税売上高は、前年同月比24.2%増だった。2019年に中国政府による代理購買の規制強化を受けた買い控えの反動や、19年は2月だった春節(旧正月)が20年は1月だったことなどで大幅に増えた。

日本百貨店協会が同日発表した1月の近畿地方(福井県を含む2府5県)の百貨店売上高は3.4%減の1176億円だった。暖冬でコートなど冬物の販売が振るわず衣料品が6.8%減った。中国政府は1月下旬から海外団体旅行を禁止したが、同月全体への影響は限定的だったとみられる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]