環境負荷少ないめっき処理技術、新潟の新和メッキ工業

2020/2/21 17:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

表面処理業の新和メッキ工業(新潟県上越市)は環境負荷を従来よりも抑えた亜鉛めっき技術を開発した。従来の処理技術に欠かせなかったシアン化合物を一切使わず、製品の不良率を大幅に改善した。環境に配慮した製造工程を重視するメーカーの姿勢に合わせて新技術をアピールする。同業他社との差異化をはかり、新規受注の獲得を目指す。

めっきは金属の腐食を防ぐために欠かせない技術で、鉄やステンレスなど多くの金属製品に使…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]