/

この記事は会員限定です

ホンビノス貝 アサリの半額、調理簡単

彩時季

[有料会員限定]

東京湾でホンビノス貝の漁獲量が年々増加し、新たな名物となっている。もともとは北米原産の貝だが外国の船に乗って運ばれ、2000年ごろから東京湾でみかけるようになった。

非常に生命力の強い貝だ。海の環境変化に強く、大きいものは10センチ以上まで成長する。水中の酸素不足などで、アサリなどの魚介類が死んでしまった場合も、ホンビノス貝は生き残ることがある。かつては「外来種」、「邪魔者」として扱われることもし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン