/

この記事は会員限定です

全国2番目に高い北海道の健康保険、「努力不足」も一因

[有料会員限定]

中小企業の従業員らが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)北海道支部は、北海道内の加入者が負担する2020年度の医療保険の保険料率を19年度比0.1ポイント増の10.41%と決めた。道内の加入者は4月の納付分から月300円の負担増となる。北海道はもともと1人あたりの医療費が高いだけでなく、引き下げのための努力不足を指摘する声も出ている。

協会けんぽには道内の中小9万9千社が加入しており、加入者数は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン