厚労相らの検査要求 立民など野党、職員感染で

2020/2/21 17:09
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党など野党共同会派と共産党の国会対策委員長は21日、国会内で会談した。厚生労働省職員が新型コロナウイルスに感染したことを受け、加藤勝信厚労相ら幹部がウイルス検査を受けるよう求めることで一致した。会談後に自民党の森山裕国対委員長に、検査を実施し、結果を報告するよう申し入れた。

厚労省は21日の衆院財務金融委員会で、同省の橋本岳副大臣と自見英子政務官が、新型コロナウイルスへの感染が確認された職員と業務上接触していたと明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で「検査は陽性が判明した方の濃厚接触者に実施してきた。現時点で橋本氏らは濃厚接触者に該当しないと聞いている」と述べた。

立民は橋本氏らと接触した可能性がある加藤氏も含めた幹部らを検査対象にすべきだと主張している。橋本、自見両氏の2月以降の活動状況を報告することも要求した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]