/

Natee、6800万円調達 人材採用で営業強化

NateeはTikTokタレントを多数抱えている

動画SNSのTikTokで活動するタレント事務所Natee(東京・港)は第三者割当増資で約6800万円を調達した。ゲーム会社のアカツキ、イースト・ベンチャーズ、個人投資家が引き受けた。人材を採用し、新規企業を対象にTikTok広告の営業を強化する。

Nateeは2018年に創業し、TikTokに特化したタレントをマネジメントしている。現在は美容、スポーツ、お笑いなど様々なジャンルのタレントが約120人所属している。フォロワー数が40万人を超えるタレントも存在する。こうしたタレントの発信力を生かし、企業向けにTikTokを活用した広告を提案している。

今後はデータ活用に力を入れる。TikTokを分析する独自ツールを開発中で、広告を活用したい商品に適したタレントを見つけたり、効果が高い表現を効率よく制作したりすることを目指す。

中国版TikTokで実装されているECサイト連携が将来、日本で実装されることも想定している。化粧品や飲食など特定分野に強いタレントを育成し、ECと連携した広告に対応しやすい体制を整えていく構えだ。

(山田彩未)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン