日韓、輸出管理で政策対話 ソウルで3カ月ぶり

2020/2/21 17:00
保存
共有
印刷
その他

日韓両政府は21日、輸出管理を巡る政策対話を3月10日にソウルで開くと発表した。対話は昨年12月16日に東京で開催して以来約3カ月ぶり。日本は韓国側の輸出管理体制に不備があるとして昨年7月以降、半導体材料3品目を輸出する際の審査を厳しくするなどしている。見直しには韓国の輸出管理の改善が必要との立場で、協議で改めて確認したい考えだ。

日本は経済産業省の飯田陽一貿易管理部長、韓国は産業通商資源省の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官らが出席する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]