細胞内のミトコンドリア 活力の源、不調は万病に通ず

大学
コラム(テクノロジー)
2020/2/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あらゆる生物の細胞にはエネルギー工場として働く器官「ミトコンドリア」がある。起源や遺伝の仕組みに謎が多く、生物学の研究対象になっている。ところが最近はミトコンドリアの機能が低下すると様々な病気を起こすことが判明し、医療との関わりが深まってきた。小児の難病で2019年に国内初の承認薬が登場し、注目度が一気に高まっている。

教科書で細胞の図解をみると、生物のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]