/

この記事は会員限定です

米金融システムにノンバンクの地雷

米州総局 大島有美子

[有料会員限定]

「Too little,too late(少なすぎ、遅すぎる)」を繰り返さない――。2020年、米銀の貸倒引当金の引き当て基準が大きく変わる。JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、シティグループが新たに積み増す貸倒引当金は約116億ドル(約1兆3000億円)に上る。景気後退時に貸し渋りを防ぎ消費者を守ることを目的とした予防的なルール変更だが、巨大な消費者ローンを抱える米国金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン